遠くの​被写体も​大きく​きれいに​撮れる、​Google Pixel 7 Pro の​望遠ズーム機能が​魅力的
スマートフォンで​撮影を​楽しむのが​当たり前の​現在​「新しい​スマホの​カメラなら、​どれも​同じ​くらいの​性能なのでは」と​考えている​人も​多いのではないでしょうか。​今回は、​思い出に​残る​写真を​大きく​クリアに​写せる​ Google Pixel 7 Pro の​望遠ズーム機能を​紹介します。
望遠機能って​どんな​ことができるの?

例えば​動物園を​訪れた​とき。​迫力ある​動物や、​美しい​羽を​持つ​鳥たちの​姿を​目の​当たりに​すると、​自然と​カメラで​撮影したい​気持ちが​高まってきますよね。

そんな​時、​大活躍するのが​スマホの​望遠機能です。

キリンを​撮影すると​しましょう。​通常、​動物と​人間の​間には​柵や​スペースが​設けられ、​ある​程度の​距離が​あります。​その​ため、​スマホの​標準カメラでは​「広い​風景の​中に​キリンが​何頭か​いる」と​いった​写真に​なってしまいがちで、​なかなか​キリンの​迫力を​撮影できません。

遠くの​ものを​大きく​写せる​望遠ズームなら、​広い​景色の​中から、​特定の​キリンを​拡大して​撮影できる​ため、​その​表情や​迫力ある​姿を​はっきりと​記録できるのです。

キリンよりも​小さい、​ハシビロコウのような​鳥を​撮影したいと​思った​ときは​どうでしょうか。​ハシビロコウは​動かない​ことで​有名な​鳥ですが、​それでも​近づいた​タイミングで​大きく​羽を​動かしたりする​ことがあります。​そんな​時、​シャッターチャンスを​失いがちですが、​少し​離れて​望遠機能を​使えば​その​姿を​大きく​写せます。

ほかにも​結婚​式や​スポーツイベントなどで、​主役の​顔や​選手の​動きを​クローズアップできます。​最近は​音楽ライブなどでも、​スマホで​撮影が​可能な​場面も​増えてきたので、​手元に​望遠機能が​付いた​スマホが​あると、​離れた​場所から​でも​被写体を​大きく​写せて​便利です。

また​普段は​じっくりと​見ることが​難しい​ものを、​まるで​目の前に​いるかのように​撮影する​ことができます。


画質が低下しない望遠機能「光学ズーム」

遠くの​ものを​大きく​撮るなら、​「自分の​スマホでも、​ピンチイン・ピンチアウトで​拡大して​撮影できるよ」と​いう​人も​いるかもしれません。

しかし、​ほとんどの​スマホで​採用されている​デジタルズームと​いう​機能は、​写真の​一部を​切り抜いて​大きく​見せる​機能の​ため、​拡大すれば​する​ほど​画質が​粗くなってしまいます。

一方、​Google Pixel 7 Pro が​採用している​「光学ズーム」​機能は、​レンズを​何枚も​組み合わせる​ことで、​遠くの​ものであっても​画質を​落とすことなく​綺麗に​撮影できます。​5 倍までの​ズームを​実現しており、​日常の​中の​「あれを​大きく​写したい」と​いう​気持ちに​応えてくれます。

30 倍の​ズーム撮影でも​高画質を​実現する​「超解像ズーム」

もちろん、光学 5 倍のズームのほか、画像の一部を切り取って引き伸ばすデジタルズームも備えています。通常のデジタルズームは倍率が高まるほど画質が落ちますが、Google Pixel 7 Pro では、30 倍という高倍率ながら画質を落とさない「超解像ズーム」という機能が使えます1。AI によって画像を補間しているため、デジタルズームであってもきれいな画質で撮影できるのです。

30 倍の​高倍率なら、​光学ズームでは​捉えきれなかった​スポーツイベントでの​競技者の​表情を、​会場の​後​部席から​でもはっきりと​確認できたり、​道路の​反対側に​ある​ “ 推し ” の​アイドルや​キャラクターの​看板広告を​細部まで​確認できたりと、​肉眼では​捉えにくい​遠くの​ものを​グッと​大きく​して​撮影できます。​Google Pixel 7 Pro が​提供するのは、​まったく​新しい​カメラの​体験なのです。

バッテリーも​セキュリティも​安心の​スペック

これまでの Google Pixel シリーズの中で最もパワフルな Google Pixel 7 Pro は、カメラ以外にも便利機能を備えています。5,000mAh の大容量バッテリーは、通常時で 24 時間以上、スーパーバッテリーセーバーを利用すると最大 72 時間の駆動を見込めます2。急速ワイヤレス充電に対応3しているほか、緊急時には他のデバイスを充電できる「バッテリーシェア」機能も搭載4。モバイルバッテリーの代わりとして他の機器を充電できるなど「もしも」が起きたときに幅広く活躍してくれるはずです。

また​気に​なる​セキュリティ面では、​指紋認証に​加え顔認証を​搭載。​使い慣れた​認証方法で​大切な​データを​守れます。

さらに​機能アップデートに​ついては​ 5 年間の​保証が​ついているので、​お気に入りの​スマホを​長期間​安心して​使い続けられます。​その​ほか、​古いスマホや​他社の​スマホであっても​適用可能な​下取りプログラムも​用意。​これから​新しい​スマホを​選ぼうと​いう​人は​活用してみてください。

他では​体験できない​カメラの​望遠機能を​楽しめつつ、​安心の​スペックを​持ち合わせている​ Google Pixel 7 Pro。​リラックスして​写真を​楽しみたい​あなたに​おすすめの​ 1 台です。

この記事のポイント
光学ズーム機能と超解像ズーム機能があれば、思い出を大きくクリアに写せます。光学ズーム機能なら、肉眼では見えないものも拡大してきれいに撮影できます。Google Pixel 7 Pro はカメラだけでなく、バッテリーやセキュリティも頼れる機能を搭載しています。
Google Pixel 8 Pro
Google 史上最高傑作
関連製品
Google Pixel 8 Pro
Google Pixel 8
Google Pixel 7a
関連記事
プロのような​写真が​撮れる​ AI カメラの​驚くべき​秘密 スマホで​夕日を​美しく​撮影するには 完璧な​写真は​ Google フォトに​お任せ、​Google Pixel 7 で​より​良く​仕上げる​ 7 つの​ヒント
この記事をシェアする
おすすめの記事
Google Pixel COLOR MAGIC STUDIO with に​じさんじ
Google ストアから​ Google Pixel 8、​Google Pixel 8 Pro、​Google Pixel Watch 2 が​新たに​登場。
「ベストテイク」など​多彩な​ AI 機能、​Google Pixel 8 Pro は​シリーズ史上​最高性能の​スマホ
最新 AI を​詰め込んだ​ Google Pixel 8、​「消しゴムマジック」が​音声でも
  1. 一部の​カメラアプリや​カメラモードでは​ご利用に​なれません。

  2. 「24 時間」に​ついて​: バッテリー駆動時間は、​Google Pixel ユーザーの​バッテリー使用プロファイル中央値を​使用して、​通話、​データ通信、​待受や​その​他の​機能の​使用などを​組み合わせた​テストに​基づく​推定値です。​テスト中の​平均バッテリー駆動時間は​およそ 31 時間です。​バッテリーの​テストは、​携帯通信会社大手 1 社の​ネットワークで​実施しました。​「最大 72 時間」に​ついて​: バッテリー駆動時間は、​Google Pixel ユーザーの​バッテリー使用プロファイル中央値を​使用して、​通話、​データ通信、​待受や、​(5G 接続を​含むさまざまな​機能が​無効に​なる)​スーパー バッテリー セーバー モードでも​デフォルトで​オンに​なっている​その​他一部の​機能を​組み合わせた​テストに​基づく​推定値です。​バッテリーの​テストは、​携帯通信会社大手 1 社の​ネットワークで​実施しました。​「24 時間以上」と​「最大 72 時間」の​テストについて​: バッテリー テストは、​2022 年初頭に​米国カリフォルニア州で、​生産開始前の​初期設定状態の​ハードウェアおよび​ソフトウェアを​用いて​実施されました​(ただし​「最大 72 時間」の​バッテリー駆動時間の​テストに​限り、​スーパー バッテリー セーバー モードを​有効に​しました)。​バッテリー駆動時間は​さまざまな​要因に​よって​変動します。​特定の​機能を​使用すると​短くなります。​実際の​バッテリー駆動時間は​これより​短くなる​可能性が​あります。

  3. ワイヤレス充電の​場合は、​別売りの​ Google Pixel Stand​(第 2 世代)を​使用して​ Google Pixel 7 を​最大 20 W で、​Google Pixel 7 Pro を​最大 23 W で​充電できます。​Qi 認証済みの​ EPP 充電器​(別売り)を​使用する​場合は​最大 12 W で​充電できます。​実際の​速度は​遅くなる​可能性が​あります。

  4. Qi 認証デバイスを充電するための機能です。リバース ワイヤレス充電を使用すると Google Pixel のバッテリーの消耗が大幅に早くなります。ケースを装着すると充電が妨げられ、充電速度が落ちる可能性があります。充電速度は使用状況によって異なります。詳しくは g.co/pixel/wirelesscharging をご覧ください。