キャンプや​フェスなどアウトドアでも​活躍、​Google Pixel 7 シリーズの​防水、​バッテリー性能は?
そろそろゴールデンウイークや​夏休みの​予定も​考え始める​ころです。​キャンプや​夏フェスと​いった​アウトドアシーンで​使う​スマートフォンには、​きれいな​写真が​撮れる​カメラや​サクサク動作する​スペックは​もちろん、​どんな​ときでも​使える​頑丈さも​大切です。
Google Pixel 7 シリーズの​頑丈さは、​アウトドアシーンでも​活躍

メールや​ SNS、​写真撮影にとどまらず、​音楽や​映画を​楽しんだり、​買い物の​支払いを​したりと、​日常生活の​さまざまな​シーンで​必需品と​なっている​スマートフォン。​とても​便利で​役立つパートナーである​ぶん、​突然​使えなくなってしまうと​困る​人も​多いでしょう。

私たちの​生活に​深く​根付いた​スマートフォンは、​きれいな​写真が​撮れる​カメラや​サクサク動作する​スペックは​もちろん、​どんな​ときでも​使える​「頑丈さ」も​重要な​ポイントと​なっています。​日常の​買い物は​もちろんの​こと、​キャンプや​夏フェスと​いった​アウトドアシーンでは、​日常生活以上に、​大事な​スマートフォンが​リスクに​さらされます。​水や​土ぼこりが​内部に​入ってしまう、​うっかり​手から​落と​して​岩場に​ぶつけてしまう、​など​突然​使えなくなる​危険が​そこかしこに。


今回はそんなスマートフォンにとって危険の多いアウトドアでもしっかり使える、Google Pixel 7 ProGoogle Pixel 7 のタフネス性能をご紹介します。

Google Pixel 8 Pro
Google 史上最高傑作
Google Pixel 7 シリーズは、​高い​防塵、​防水性能を​備えた​スマートフォン

Google Pixel 7 Pro と Google Pixel 7 は、どちらも IP68 という高い防塵、防水性能を備えています。IP68 という数字の「6」は防塵性能を示し、空気中に浮かぶ綿ぼこりや粉ぼこりのような細かいちりであってもスマートフォン内部に入ることがないという最も高い等級です。また「8」という数字は真水を張った水槽の中へ 1.5m の深さまで沈め、約 30 分間放置しても内部に水が入らないという等級。この 2 つを備えた IP68 は、モバイル端末として高いレベルの防塵、防水性能だと言えます1

キャンプ中など、​アウトドアシーンでは​突然の​雨が​降ってくることもありますし、​水だけでなく​ほこりに​さらされる​可能性も​あります。​また、​最近の​野外フェスなどでは、​観客席に​向かって​水が​シャワーのように​飛んでくる​演出を​行うこともあり、​高い​防塵、​防水性能は​フェスを​思いっきり楽しむには​大事な​ポイント。​Google Pixel 7 シリーズなら、​アウトドアでも​心置きなく​使う​ことができます。

最長 72 時間​持つ​長時間​バッテリー、​急速充電で​バッテリーが​空に​なっても​安心

屋外で​使う​ときには​バッテリー性能も​気に​なる​ものです。​せっかくの​アウトドアを​楽しんでいる​ときに、​バッテリーが​切れてしまっては​思い出を​写真で​残せないだけでなく、​一緒に​いる​人たちとの​連絡も​取れなくなってしまうかもしれません。

Google Pixel 7 Pro は 5,000mAh、Google Pixel 7 は 4,355mAh という大容量のバッテリーを搭載2。どちらも標準で 24 時間以上のバッテリー駆動時間を公称するだけでなく「バッテリーセーバー」「スーパーバッテリーセーバー」という、バッテリー消費を防ぐ 2 つの機能を搭載しています3

バッテリーセーバーは、アプリのバックグラウンド動作や位置情報サービスを停止することでバッテリー消費を防ぐ機能。メールやニュースなどの更新はアプリを開いたときだけ行われるようになるので、スマートフォンを使っていない間にバッテリーがいつの間にか減っている、ということを防げます。

スーパーバッテリーセーバーは、バッテリーセーバーの制限に加えて、ほとんどのアプリが一時停止となるほか、スマートフォンの処理速度も抑えることでさらにバッテリーの消費を抑え、最大 72 時間もの長時間駆動が可能になります。

スーパーバッテリーセーバー使用中も、大事なアプリだけは対象外にすることもできます。友達と連絡を取るためのメッセージアプリなどを対象外にしておけば、連絡をもらったのに通知されなくて気がつかなかった、ということもありません。

バッテリーセーバーや​スーパーバッテリーセーバーは、​バッテリーの​残量や​普段の​充電パターンに​応じて​自動的に​オンに​する​ことも​可能。​長時間に​わたって​出かける​ときは​バッテリーセーバーを​自動オンに​しておけば、​バッテリー残量が​少なくなってきた​ときでも​安心です。

万が一バッテリーが空になったときも、30W の USB-C 充電器を使用した場合、約 30 分で最大 50% までバッテリーを充電できる急速充電に対応しています4。さらに、友達のスマートフォンの充電がなくなった時には、バッテリーシェア機能も便利です。「Qi」というワイヤレス充電規格に対応した製品であれば、Google Pixel 7 / 7 Pro の背面に置くだけで、充電できます。


耐久性に優れる本体ガラス、晴天の屋外でも見やすいディスプレイ

Google Pixel 7 Pro と​ Google Pixel 7 が​アウトドアに​強いのは​防塵防水や​バッテリーだけでは​ありません。​本体の​前面と​背面には​耐久性に​優れる​「Corning® Gorilla® Glass Victus™」の​カバーガラスを​搭載。​開発元の​テストでは、​この​カバーガラスは​最大 2m から​固く​荒い​地面に​落下しても​割れないと​いう​テスト結果でした。​うっかり落と​してしまった​時の​傷付きにくい特性を​備えています。

屋外で使う場合、晴れた日にはまぶしすぎて画面が見にくいこともあるでしょう。Google Pixel 7 Pro と Google Pixel 7 は Google Pixel 6 / 6 Pro と比べて輝度が 25% 向上しており、晴天のまぶしい場所でも画面をはっきり見ることができます5

突然の雨や水しぶき、ほこりにも耐えられる高い防塵、防水性能。通常で 24 時間、最大で 72 時間もの長時間駆動が可能な大容量バッテリー。高いところから落下しても傷がつきにくく太陽光の下でもはっきり画面が見えるディスプレイ。

屋内は​もちろんの​こと​屋外でも​安心して​使える​機能を​多数備えた​ Google Pixel 7 Pro と​ Google Pixel 7 は、​アウトドアでも​大活躍まちが​いなし。​キャンプや​夏フェスなどを​思いっきり​楽しみたい​人に​おすすめの​スマートフォンです。

この記事のポイント
防塵、防水性能に優れる Google Pixel 7 シリーズは、キャンプや夏フェスでも活躍。バッテリーは最長 72 時間、アウトドアでも心置きなく楽しめる。本体ガラスも高い耐久性、屋外でも見やすいディスプレイ。
Google Pixel 8 Pro
Google 史上最高傑作
関連製品
Google Pixel 8 Pro
Google Pixel 8
Google Pixel 8a
関連記事
旅行の​お供は​ Google Pixel 7 シリーズで​決まり、​困り事は​全部解決してくれます そろそろ​買い​替え時期?​ Google Pixel 3a / 4a と​ 6a / 7 の​違いを​チェック スマホで​夕日を​美しく​撮影するには
この記事をシェアする
おすすめの記事
Google Pixel と​一緒に​旅に​出よう!​旅が​楽しくなる​ Google Pixel の​活用方法を​ご紹介
#TeamPixel Seat プレゼントキャンペーン
今こそ Google Pixel 8 の​魅力を​おさらいしよう
最新 AI スマホ Google Pixel 8a が登場、
「AI ならでは」の機能が手軽に使える 1 台
  1. デバイスは工場出荷時点で IEC 規格 60529 の IPX8 の防水性能を遵守するよう設計されていますが、完全な防水ではありません。アクセサリは防水ではありません。防水性能は、永久的には持続せず、通常の使用による摩損、デバイスの修理、分解、損傷によって低下または失われます。デバイスを落下させると防水性能が失われる場合があります。液体による損傷の場合、保証が無効になります。g.co/pixel/water をご参照ください。

  2. 電池テストと​予想される​動作に​基づいて​概算された​一般的な​容量です。

  3. 「24 時間」に​ついて​: バッテリー駆動時間は、​Google Pixel ユーザーの​バッテリー使用プロファイル中央値を​使用して、​通話、​データ通信、​待受や​その​他の​機能の​使用などを​組み合わせた​テストに​基づく​推定値です。​テスト中の​平均バッテリー駆動時間は​およそ 31 時間です。​バッテリーの​テストは、​携帯通信会社大手 1 社の​ネットワークで​実施しました。​「最大 72 時間」に​ついて​: バッテリー駆動時間は、​Google Pixel ユーザーの​バッテリー使用プロファイル中央値を​使用して、​通話、​データ通信、​待受や、​(5G 接続を​含むさまざまな​機能が​無効に​なる)​スーパー バッテリー セーバー モードでも​デフォルトで​オンに​なっている​その​他一部の​機能を​組み合わせた​テストに​基づく​推定値です。​バッテリーの​テストは、​携帯通信会社大手 1 社の​ネットワークで​実施しました。​「24 時間」と​「最大 72 時間」の​テストについて​: バッテリー テストは、​2022 年初頭に​米国カリフォルニア州で、​生産開始前の​初期設定状態の​ハードウェアおよび​ソフトウェアを​用いて​実施されました​(ただし​「最大 72 時間」の​バッテリー駆動時間の​テストに​限り、​スーパー バッテリー セーバー モードを​有効に​しました)。​バッテリー駆動時間は​さまざまな​要因に​よって​変動し、​特定の​機能を​使用すると​短くなります。​実際の​バッテリー駆動時間は​これより​短くなる​可能性が​あります。

  4. 有線での​急速充電の​速度​(Google Pixel 7 では​最大 20 W、​Google Pixel 7 Pro では​最大 23 W)は、​コンセントに​接続した​ Google 30W USB-C® 充電器の​使用を​前提と​しています。​実際の​速度は​遅くなる​可能性が​あります。​アダプターは​別売りです。​充電速度は、​バッテリーの​残量が​ 1% に​なった​状態で​ Google 30W USB-C® 充電器を​使用して​測定した​テストに​基づきます。​充電テストは​ 2022 年半ばに​生産開始前の​初期設定状態の​ハードウェアおよび​ソフトウェアを​用いて、​デバイスの​電源を​オンに​して​ Google に​より​実施されました。​充電速度は、​充電中の​使用状況、​バッテリーの​使用年数、​気温など、​さまざまな​要因に​よって​変動します。​実際の​充電速度は​遅くなる​可能性が​あります。

  5. Google Pixel 6 および Google Pixel 6 Pro で​測定された​ニトとの​比較結果です。