スマートホームで​子ども​たちが​インターネットと​上手に​付き合う​ためには?​ 見守りで​安全にも​配慮
Google Nest Wifi を利用すれば、子どもたちがスマートフォンや PC を安全に使えるようにしつつ、使い過ぎを防ぐことができます。さらに、スマートホームデバイスを活用すれば、子どもたちが自分の部屋にいたとしても、いつでも話しかけられるうえ、常に様子もわかります。*

子ども​たちの​インターネット利用を​見守る​ことには、​悩みが​つきものです

子ども​たちには、​好奇心の​赴くまま、​自由に​探求してほしいと​願う​一方で、​安全に​できる​限り気を​配りたい​ことでしょう。

米国に​住むパン​ディ家の​両親は、​12 歳と​ 16 歳の​子ども​たちが​インターネットを​使い過ぎているのでは、と​心配していました。​離れるよう​注意しても、​子ども​たちは​なかなか​やめられず、​宿題を​する​時間や、​家族と​過ごす​大切な​時間が​減ったと​感じていました。

父親の​アンクル・パン​ディさんは、​子ども​たちの​安全を​守り、​健全な​習慣を​身に​付けさせようと​対策を​考えました。​「インターネットを​いつ、​どのように​使ったら​よいか、​家庭での​約束事を​決めたのです」​(パン​ディさん)

例えば、​夜の​ 8 時から​朝の​ 6 時までは​インターネットを​使わない、と​いった​時間制限を​設けました。​子ども​たちが​健康的な​生活を​送れるよう、​Google Nest Wifi を​ルーターと​して​導入し、​その​時間帯に​なると​自動的に​インターネットへの​接続が​遮断されるよう​設定したのです。

Google Nest Wifi
一人一台オンライン時代に、 もっとつながる Wi-Fi を。

「Google Nest Wifi は​簡単で、​とても​効果的でした」と​パン​ディさん。​指定した​時間に​なると​ Google Nest Wifi が​自動的に​接続を​切るので、​子ども​たちは​決められた​時間に​インターネットから​離れられるようになりました。​お父さんも​お母さんも、​インターネットの​使用時間に​ついて​声を​かける​必要が​なくなりました。

Google Nest Wifi の各種機能を活用すると、スクリーンタイム(子どもが画面を見る時間)を制限したり、子どもにとって適切なコンテンツのみを表示したりでき、健全なオンライン習慣を身に付ける助けになります。子どもたち 1 人 1 人に合わせたインターネット利用のルール作りも可能です。

スクリーンタイムの​制限

パンディ家では子どもたちのスクリーンタイムを制限するために、一定の時間(例えば 1 日に 3 時間以上)アクセスした後や、決められた時間帯には、特定デバイスの Wi-Fi 接続を遮断する設定をしているそうです。さらに、決まった時間に Wi-Fi そのものを一時停止するようにすれば、家族みんながスマートフォンを置いて、一緒に夕食を楽しむこともできます。ファミリー リンクなら、オンライン活動の時間制限も可能です。

制限機能だけで​子ども​たちの​オンライン活動に​ともなう​問題を​すべて​解決できるとは​限りません。​それでも、​適切な​使い方に​ついてきちんと​話し合い、​こういった​機能を​併用する​ことで、​次第に​良い​方向へ​進めるでしょう。

インターネット利用中の​安全を​確保

Google Nest Wifi は、Google のセーフサーチを利用して、成人向けウェブサイトを自動的にブロックします。もし問題のない安全なコンテンツがブロック対象になっていたとしても、アクセスの可否は Google Home アプリで個別に変更できます。子どもから両親にお願いする取り決めにしておくのがよいでしょう。

オンライン活動と​同様に​アプリを​制限するには、​ファミリー リンクを​使います。​特定アプリの​ブロックや​許可、​新たな​アプリの​使用許可の​依頼や、​子ど​もの​アプリ使用状況を​見守る、と​いった​操作が​可能です。

アクセスできる​通信帯域の​調整

世界的な​感染症の​拡大に​よって、​多くの​家庭は​通信帯域に​限りが​ある​ことを​思い知らされました。​つまり、​家族の​ 1 人が​ビデオ通話を​している​ときに、​ほかの​誰かが​オンラインゲームを​プレイして、​別の​誰かが​ストリーミング配信の​音楽を​流しながら​オンライン授業を​受けていると、​スムーズに​インターネットに​アクセスできない​ことがあるのです。

Google Nest Wifi の​設定では、​特定デバイスの​通信が​ほかの​デバイスより​優先するよう​通信帯域を​調整できます。​例えば、​親の​仕事中は​子ど​もの​ゲーム用通信帯域を​減らしたり、​子ど​もの​デバイスから​ネットワークに​アクセスできなく​したり、と​いった​設定が​可能です。​もちろん​この​逆、​仕事以外を​優先する​こともできます​(この​設定を​使うと、​手早く​仕事を​終わらせる​健康的な​習慣が​身に​つくかもしれません)。

スマートホームデバイスを使えば、離れていても同じ部屋にいるようにコミュニケーションが取れます

Google Nest 製品を使うと、別の部屋や外出先からでも、自宅にいる子どもたちといつでも連絡が取れます。具体的な例を紹介しましょう。

1 子どもが​いつ​帰宅したかを​把握する

米国在住のリアンドラ・ウィルスさんは 2 児の母親です。ウィルスさんが自宅に Google Nest Doorbell を導入したところ、学校から子どもたちが帰宅した際にスマートフォンの Google Home アプリが教えてくれるようになりました。Google Nest Doorbell は、玄関前に立った人が誰なのかカメラで認識して、すぐ通知してくれます(*1)。「親が不在の際にも子どもたちが無事に帰宅したことを確認できて、助かっています」(ウィルスさん)。配達に来た人も認識するので、荷物が届いたこともわかります。

2 お手伝いの​時間を​お知らせする

米国在住のケイティ・チャップマンさんには 11 歳と 14 歳の子どもがいます。「子どもたちには、毎日午後 4 時ごろに犬を散歩させるお手伝いがあります。嫌な気持ちにさせず、かつ忘れないようにと伝えられれば、と思っています」とチャップマンさん。そこで、家のあちこちに置いた Google Nest スピーカーを使い、忘れていそうな時に思い出すようにブロードキャストで声をかけることにしました。「子ども部屋のスマートスピーカーにメッセージを送って、どちらかが約束通り犬のルルを散歩に連れて行くよう話します」(チャップマンさん)。ブロードキャストという機能を使えば、伝えるメッセージをルーティンに組み込めます。つまり、毎日午後 4 時にチャップマンさんの自宅にある Google Nest Audio に「犬を散歩させる時間ですよ」としゃべらせる動作を設定できるのです。

どんなに​優れた​テクノロジーであっても、​両親の​代わりは​務まりません。​また、​子どもが​毎日​宿題や​手伝いを​きちんと​すると​保証してくれる​スマートデバイスは​ありません。​それでも​スマートデバイスを​うまく​使えば、​自宅で​何が​起きているか、​逆に​何が​行われていないかが、​家に​いてもいなくても​把握できるようになるのです。

この記事のポイント
Google Nest Wifi には、子どもたちがインターネットと上手に付き合える機能がそろっています。ファミリー リンクを利用すればスクリーンタイム(子どもが画面を見る時間)を制限できます。Google Nest Doorbell を使うと、通知で子どもの帰宅を通知で確認できます。
Google Nest Wifi
一人一台オンライン時代に、 もっとつながる Wi-Fi を。
関連製品
Google Nest Wifi
Google Nest Doorbell (Battery Type)
Google Nest Audio
Google Nest Mini
関連記事
スマートホームデバイスで​ガラリと​変わる​暮らし
この記事をシェアする
おすすめの記事
Google Pixel と​一緒に​旅に​出よう!​旅が​楽しくなる​ Google Pixel の​活用方法を​ご紹介
最高性能の​ Google Pixel 8 Pro が​最大で​実質 85,000 円お得に、​Google ストアの​サマーセールは​ 7 月 10 日まで
今こそ Google Pixel 8 の​魅力を​おさらいしよう
最新 AI スマホ Google Pixel 8a が登場、
「AI ならでは」の機能が手軽に使える 1 台
  1. モバイル通知、リモコン、動画のストリーミングおよび録画など、一部の機能にはインターネットと Wi-Fi 接続が必要です。詳しくは g.co/nest/requirements. をご覧ください。